お金

成功するかしないかの鍵を握るのはアレだった!

賃貸保証会社とは

紳士

収益物件を賃貸にする場合、入居前に必ず利用してもらいたいのが賃貸保証会社です。この賃貸保証会社を使用してもらう事で、入居者がうっかり家賃の支払いを忘れてしまっても、賃貸保証会社が立て替えてくれます。近年では、高齢者の入居が増えているので、どうしても家賃の支払いが遅くなってしまう可能性があるのです。それを防ぐ為にも、入居者には賃貸保証会社を利用してもらいましょう。オーナー自身が収益物件を管理しているのであれば、この賃貸保証会社を利用してもらうように契約時に依頼できます。もし、管理を不動産に行ってもらっている場合は、不動産と相談をして入居時に必ず利用させるかどうかを話し合いましょう。賃貸保険会社を利用するのであれば、全保連へ行ってもらうと安心できます。全保連が取り扱っている賃貸保証システムは、とてもしっかりしています。入居者だけではなく、オーナーや不動産会社とのやり取りも丁寧に対応してくれますので、信頼性が高いのです。収益物件を貸し出す前に、こういった決まり事をしっかりしていれば、後になってトラブルに巻き込まれる心配もなくなります。最近では、全保連のようにしっかりした賃貸保証会社がでてきていますので、自分が信頼できる会社なのか見比べても良いです。