お金

成功するかしないかの鍵を握るのはアレだった!

30年一括借り上げに多いトラブル

積み木

一括借り上げ(サブリース)とは

オーナーが持っている収益物件を投資用の不動産に貸します。投資用の不動産は、その物件をさらに差し出すという仕組みになっているのです。その為、オーナーは自分自身で収益物件を管理する必要はほとんど無い状態になります。不動産が収益物件に空き室がないように住居者を貸し出すのです。しかし、収益物件で得た利益は不動産とオーナーで分けますので、不動産を通さずに貸し出すよりも収入が減ります。

30年一括借り上げについて

30年も一括借り上げをしてもらえば、その間の空き室があっても保証してくれる、建物の管理をしてくれると考えます。他にも、入居者や退去者の手続きを行ってくれる、借金をしても相続税の節税が行えるといった保証があると思いがちです。しかし、あまりにも任せっきりになってしまうと、大変な事になってしまいますので注意をしなければなりません。

30年一括借り上げは解除できる

不動産と契約を行う際に、契約書の内容をしっかり確認する必要があります。なぜなら、この契約は不動産側で一方的に解除できる事を明記しているのです。その為、一方的に解除されたとしても苦情をする事はできません。こういった事態にならないように、しっかり内容を確認しましょう。